ページ内を移動するためのリンクです。

「映える」だけじゃなかった! 行列のできる白玉専門店

個性的な飲食店が並ぶ「ウラナンバ」。この界隈に白玉専門店「しらたま+」があります。若い女性を中心に行列ができていると話題のお店を取材してきました。

 

「和」じゃない白玉専門店は、他にはない?

 

 

気さくな店主ご夫婦


まずは、店長さんにお話を聞きました。

どうして白玉店?ブームを予感?

店主:

白玉が来る!というより、私が餅好きで。白玉にたどりつくまで1年半かかりましたね。鎌倉などにも専門店があるんですけど、フレンチカフェみたいに白玉が楽しめる、そんな若い人が喜んでくれる店にしたいと思ったんです。

 

一番人気は、やっぱり「フォトジェニック系」

 

一番人気の「カラフル白玉」海外のSNSで紹介されて外国人観光客にも大好評。

 

種類が多くて、どれも個性的ですね。

 

店主:

”ウラ”メニューを入れて40種類ほどですね。試作は400種類以上。採算が合わず断念したものもあります。あんこなど苦手な人にも楽しんでもらえる工夫をしてます。

 

フォトジェニックは意識してますか?

 

店主:

意識はしてますけど、味にもこだわってます。白玉粉などは何社か試しましたし、すべて手で丸めてます。白玉が大きくて機械で作れないんです。注文後い茹でるので、少しお待ちいただくんですけど、必ず出来たてを食べていただきます。

 

茹でる前。「愛情で色づけ」してるそうです。

 

食ブームに合わせて、変幻自在。

 

上段左から。カラフル白玉、キャラメルもなか白玉、チョコミント白玉
下段左から。チーズトマト白玉

取材後は、お待ちかねの実食タイム!

 

B:

この「チョコミント白玉」「チョコミン党」の人たちがSNSを見て来店する程人気だって。流行ってるね。

C:

私も好きです。ミントの”追いシロップ”をしたら、かなりミント感がアップ。

 

抹茶が苦手…。でも、こんな和スイーツなら大歓迎。

 

B:

もなかの中は小豆じゃなくて、チョコフレーク!

A:

カラフル白玉のあんはマンゴーと赤ワインだって。

 

1個が大きくて、しばらく無言。

 

B:

飽きさせない工夫で、クチコミしたくなります。

A:

流行に合わせて、まだまだ新メニューが生まれそう。

 

 

これは予想外!? 「食事系白玉」がいい!

 

C:

「トマトチーズ白玉」が新鮮! かなりおいしいです。

B:

食べるの怖いって言ってなかった(笑)?でも本当に白玉と酸味が合いますね。

A:

クラムチャウダーも合うよ。カレーも食べてみたい。

B:

一つひとつが大きくて、3個食べても満足感が十分。

C:

腹持ちもいいですね。

A:

朝食にメインに良さそう。

C:

和菓子以外の白玉商品、流行るかも。

 

結論

洋風に食事系に変幻自在。
可能性の広さに期待大!

 

 

店舗情報
しらたま+

大阪市中央区難波千日前13-18丸和ビル3階
@shiratamaosaka