日々のヒラメキ

cc-library010010448

テレビとインターネットについて考えてみた

date  2016.07.11

2016年「テレビ」のインターネット回線接続率について調べてみました。

2012年の東京でテレビにインターネットを接続している世帯は

19.2%でした。

 

ここから5年後、2016年の東京は初めて

30%を超えました。

 

2015年からのこの1年間で8ポイントほど上昇しており、来月開催される

リオ五輪に向けてのテレビの買い替えやNet flixやHuluなどの

VODサービス加入者が増加したことが理由だと考えられます。

 

これは、東京だけではなく
全国的にも増加しています。

 

買い替えのタイミングとすれば2018年のピョンチャン五輪、

2019年に日本で開催されるラグビーW杯。そして2020年東京五輪です。

予想値ですが2019年の末には、「テレビ」のインターネット回線接続率は

50%を超える見込みです。

 

そうすれば、現在約6000万台普及しているテレビがパソコンのデスクトップの

役割も担うようになるのではないでしょうか?

 

そうなった場合、
テレビは放送受信機だけの機能ではなく
新たなステージに突入するだろうと考えます。

 

今後、各家庭でのテレビを見るシーンの変化を想像しながら

新たなコンテンツを考え続けたいと思っています。

 

 

tsumura 


Categories

  • お知らせ

    バウコミュニケーションズからのニュースやトピックスをお届けします。

  • 制作事例
    バウコミュニケーションズが手掛けた制作物やイベントなどを紹介します。
  • 日々のヒラメキ

    マーケティング室スタッフが日常の中に落ちているマーケティングのヒントをブログ形式で綴ります。

  • 食べるのもお仕事

    食べること大好きな女子社員がお届けする食のレポートです。

  • 生活者レポート

    旬な話題やトレンド商品など、暮らしにまつわるテーマを幅広く取り上げて生活者の思いを分析します。

  • バウレポート

    販促のポイントになる食のトピックを掘り下げ、主婦の”いま”のホンネを探る毎月発行の自社マガジンです。

  • 暮らしのデータ
    食品流通小売の販促計画立案に役立つ生活者の動向を月別にまとめたマスタープランです。
    当社専属生活者モニター組織「LiNS」による食生活や日々の暮らしに関するアンケート調査です。
全国約6000万台のテレビが新たな販売チャネル!おうちでピッとお買い物 テレビスーパー
week52MD 生活者視点のコミュニケーションストーリー

制作事例

株式会社バウコミュニケーションズ

Copyright (C) BAU COMMUNICATIONS Inc.