日々のヒラメキ

6e946f47a2493d0f7a935a06fb133fa0_m

リニューアルの効果

date  2015.06.04

 4月6日に小社のコーポレートサイトを刷新いたしましたことは、この記事をお読みになっていらっしゃる皆様には周知の事なのですが、ではサイトリニューアルを行う事で「見た目」以外にどのような効果があったのか、簡単に解説させて頂きたいと思います。

 

当社のサイトには、GoogleAnaryticsというアクセス解析ができる仕組みを組み込んでおります。そこから得られる情報は、サイトへの訪問者がどのような行動を取ったか、という事が俯瞰的に把握できるのです。

まずこのグラフをご覧下さい。

 

スクリーンショット 2015-05-26 13.40.19

ゴールデンウィークがあるため、半ばで下落している期間がありますが、直近の約30日のデーターで比較してみましょう。

オレンジ色の折れ線グラフが2014年の日別のアクセス数を示したもの、ブルーは2015年の同時期のものです。

 

一目瞭然で、
今年の方が数値が伸びている事が解ります。

 

数値で対比させると、同期間においては53.7%↑という結果になっています。
さらに深堀して数値を解析してゆきますと・・・

 

スクリーンショット 2015-05-26 13.38.40

 

ページビュー数(総ページ閲覧数)252.02%

平均セッション時間(滞在時間)148.57%

直帰率(1ページだけ閲覧して離脱)−46.16%
 

 ※数値が小さい程良好

 

と訪問して頂いた方が、複数ページをご覧頂き、かつ長時間滞在して頂いているということが窺い知れる結果となっています。

 

以前のサイトは、ご記憶にあるかどうか分かりませんが、正直更新頻度に乏しく(苦笑)、バウレポートが月に1度アップされる程度しか、新しい記事が無かったころに比べて、

現在では、
週に2~3本の記事がコンスタントに更新されるため、

何度訪問して頂いても、
どこかしらに新しい記事が掲載される
というスタイルを取っております。

 

このため、数値指標としては大幅に改善されたと考えられています。

 

 当社の事業自体が一般の消費者様を対象としていないため、月間数万PVというわけには行きませんが、それでも1日平均100件前後のアクセスをして頂いて、さらには、平均的に3分以上の時間をかけて記事を読んで頂けるように、読者の行動が変化しています。

 

 また、スマートフォン対応やコンテンツ更新頻度、ドメインの古さなどから「バウ」「bau」といった当社以外にもお使いになる可能性の高いワードで検索されても、上位表示されるようSEO効果も徐々に発揮されてきており、所定の狙い通りの成果を達成しつつ有るという状況です。

 

 特に求人を掛けているタイミングということもあってか、リクルート系の外部サイトからの流入も堅調であるというのも一つの要因でもありますが、当然、応募する意思の有る方にしてみれば「どんな会社」なのかということは、イマドキ、まずWebで調べるという事は当然ですので、一定の期待値にはお応えできているのかとも考えられます。

 

 しかし、当然の事ながら、コンテンツ更新の頻度を上げるという事は、社員が時間を作って記事を書く、企画を考えるという活動をしなければいけないため、産みの苦しみを味わう事がございます。

 

 ですが「ご覧頂いている」という実感が湧くデーターを見る事で、更新するモチベーションが生まれ、自社のプロモーションにも繋がっているのだと考えて、スタッフのみなさん記事をしっかり書いてくださいね(←叱咤激励

 

 今後も、当社の事をもっと知って頂けるようなサイトに育てて参りたいと思います。

 

 

Kojima

 


Categories

  • お知らせ

    バウコミュニケーションズからのニュースやトピックスをお届けします。

  • 制作事例
    バウコミュニケーションズが手掛けた制作物やイベントなどを紹介します。
  • 日々のヒラメキ

    マーケティング室スタッフが日常の中に落ちているマーケティングのヒントをブログ形式で綴ります。

  • 食べるのもお仕事

    食べること大好きな女子社員がお届けする食のレポートです。

  • 生活者レポート

    旬な話題やトレンド商品など、暮らしにまつわるテーマを幅広く取り上げて生活者の思いを分析します。

  • バウレポート

    販促のポイントになる食のトピックを掘り下げ、主婦の”いま”のホンネを探る毎月発行の自社マガジンです。

  • 暮らしのデータ
    食品流通小売の販促計画立案に役立つ生活者の動向を月別にまとめたマスタープランです。
    当社専属生活者モニター組織「LiNS」による食生活や日々の暮らしに関するアンケート調査です。
全国約6000万台のテレビが新たな販売チャネル!おうちでピッとお買い物 テレビスーパー
week52MD 生活者視点のコミュニケーションストーリー

制作事例

株式会社バウコミュニケーションズ

Copyright (C) BAU COMMUNICATIONS Inc.