ページ内を移動するためのリンクです。

主婦に聞く!人生100年時代ってどう思う?スーパーに求めることって何?

最近よく耳にする、

人生100年時代

「人生100年時代」とは、
リンダ・グラットン氏(英国ロンドンビジネススクール教授)が
著書『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』で提言した言葉だそう。

寿命が100才を超えれば、
これまでの80才程度のライフコースを見直す必要があると語っています。


日本政府も、人生100年時代構想を掲げ、


「子供たちの誰もが経済事情にかかわらず夢に向かって頑張ることができる社会。
 いくつになっても学び直しができ、新しいことにチャレンジできる社会。
 人生100年時代を見据えた経済社会の在り方を構想していきます」(首相官邸HP抜粋)

 

と、超長寿社会を迎える中で、この長い人生を、人々がいかに活力をもって活動していくか。
それに合わせて国の制度、社会システムはどうあるべきか。
議論しています。

 

では、主婦は、人生100年時代については、どのように思っているのでしょうか。
アンケート調査を行いました。

 

<アンケート概要>
■テーマ:人生100年時代について
■サンプル数:84
■アンケート期間:2018年5月14日(月)~21日(月)
■主婦年代:30代~60代 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

Q1.「人生100年時代」ときいてどう思いますか?

 

 「やや不安」という意見が最も多く、

  「やや不安」「不安」は5割を超え、

  良いイメージを抱いているのはたった2割でした。

 

 

Q2.「人生100年時代」ときいて、あなたは100才まで生きたいですか

 

 

 

 「生きたくない」が6割弱。

 

   「生きたくない」理由としては、

 

   ・年金が私たちの頃にはどうなっているのか、不安。何歳まで仕事をするのかも未知。
    生活レベルを落とすことはできないので、老後の貯金をしないといけないと感じる。
    (関西 30代 フルタイム)

   ・健康でイキイキ生きられたら良いけど、寝たきりで長生きはしたくない。
    (関西 40代 専業主婦)

   ・どこまで健康な体でいられるのか不安。介護の仕事をしているので、余計に
    そう思うかもしれない。(関東 50代 パートタイマー)

   ・もし100才まで生きるとして、心も体も健やかなままいられるのか心配。
    (関西 60代 パートタイマー)

   ・健康寿命であって欲しいもの。高齢者だけ増えるのもどうかと。
    (関西 70代 専業主婦)

 
  健康で100才までいられるのか、
    お金は大丈夫なのか

 

   といった不安があるようです。

 

 

   一方、「生きたい」という人は、1割でした。

    理由としては、

    ・心身ともに元気であれば、やりたいと積み残して来たことを
     ひとつでもクリアしていきたい。
    (関西 40代 パートタイマー)

    ・技術や科学の進歩をみてみたい。(関東 50代 パートタイマー)

    ・これからの世の中がどうなるかみてみたい。(関西 50代 フルタイム)

    ・まだまだやりたいことができていないと思うので、それだけあれば
     チャンスはありそう。
(関西 50代 パートタイマー)

          ・孫たちの成長をみたいから。(関西 60代 専業主婦)

 

 

 「どんな世の中になっていくのか見たい」
 「やりたいことに挑戦したい」

 

   といった意見が多数でした。
   

      

   では、具体的に、人生100年時代には、
   どんなことが不安なのか、聞いてみました。

 

Q3.「人生100年時代」で、不安なことは何ですか

 

  不安なことは

 1位 健康
 2位 お金(貯蓄・収入)
 3位 社会保障  


  という結果でした。

  健康でなければ、長く生きても意味がないと考える人が多いようです。
  また、生きれば、それだけお金もかかってくるので、
  今の定年を65才と仮定しても、あと35年ありますので、
  お金の心配はありますね。
 

Q5あなたが考える「老後(60歳~100歳)に必要な資金額のイメージ」はどれですか?


老後(60才~100才)に必要なお金としては、

5000万~6000万未満が

最も多い結果に。


Q6「人生100年時代」に備えて、投資はされていますか?

老後の資金の準備としては、

貯金、個人年金、投資信託…

をしている人が6割という結果に。

 

一方、「特に何もしていない」人は
4割もいる結果に。

 


Q7.「人生100年時代」ときいて、スーパーに求めることはありますか?

 

スーパーに求めるサービスとしては、

宅配サービスがトップに。

 

続いて、「買物代行」「1人用惣菜の販売」「シルバー割引」となりました。

高齢になれば、体に不自由が出てくる可能性も高いですし、
家族形態も変わるので、
スーパーには、今よりも細やかなサービスが必要とされています。

 

 

 

 Q8.「人生100年時代」ときいて、スーパーはどんな場所であって欲しいですか?

 

 1位 憩いの場

       ・ただ買い物をする場ではなく、同世代の人の交流の場であって欲しい。
        (関西 30代 フルタイム)

                     ・老人にも優しい、癒しのある場所であって欲しい。
        (関西 40代 専業主婦)

                     ・人と人を繋ぐ場所になっていて欲しい。
        (関西 40代 パートタイマー)             

        ・買物だけでなく、コミュニケーションの場。
        (関西 50代 パートタイマー)

        ・集いの場所になると良い。(関東 60代 専業主婦)

        ・人との交流の場。気晴らし。(関西 70代 専業主婦)

 
 2位 耳寄りな情報発信の場

        ・新しい情報は何歳になっても、興味があると思うので、情報が
        手に入る場。(九州 30代 フルタイム)

        ・老人コーナーのような、この場所に行けば、簡単に用が済ませる
         ことができる耳寄りな情報が得られる場所が欲しい。
        (関東 50代 パートタイマー)

        ・情報の集まり。テレビで、「新しいこと」「時代」を知るだけでは
         物足りないので、どのような物なのか実際に見に行く場になって欲しい。
        (関東 50代 パートタイマー)

        ・情報発信の場所にして欲しい。食材の選択と使用方法の提案。
         (関東 50代 パートタイマー)

 

 3位 趣味ができる場所

       ・趣味や生きがいも提供される場所。
        (関東 40代 フルタイム)

       ・買物だけでなく、趣味の教室のような人と話ができる場所。
        (関西 40代 専業主婦)

       ・簡単なサロンぽいレクチャーも兼ねた料理教室もあったら楽しいのに。
        (関西 50代 パートタイマー)

       ・生きがいをサポート。歌声喫茶、カラオケ、温泉、体操、エクササイズ、
        パターゴルフ、シュミレーションゴルフ、各種趣味の教室。
        夏が涼しく、冬が温かい場所で皆さん過ごせたら良いのでは?
        (関西 50代 パートタイマー)

 

 4位 年寄りに優しい場所

        ・年配者に優しい場所。バリアフリーや、通路の広さが充分なこと。
         商品の取りやすさなどの配慮も必要だと思う。
         (関西 40代 パートタイマー)

                        ・年寄りに優しい場所。通路の確保やトイレ、エレベーターなどの
          利用のしやすさ。同居できない家族が年の親を見守れるシステムが
          親のよく利用するスーパーであれば安心できる。
         (関西 50代 パートタイマー)

         ・老人でも、気持ちよく、買物を楽しめる場所であって欲しい。
         (関西 70代 専業主婦)       

     

 

人生100年時代のスーパーは、
ただ便利な買物ができるだけではなく、地域の人が集まり、自然に交流できる場所だったり、
ワクワクできたり新しい情報が取れる機能が求められているようです。

孤独死がある中で、安心して安全に暮らすためには、スーパーがそのような場所になれば、
とても心強いですね!


すでに、そのようなサービスを開始しているスーパーやSCもありますが、
今後さらに、細やかなサービスが期待されるでしょう!

豊かな老後が送れる社会がくるといいなと感じます。