ページ内を移動するためのリンクです。

主婦に聞く!子どもの日って、どんな風に過ごしてる?

いよいよ来月に控えたGW。
2018年のGWは、4月28日から土日を含む3連休。
その後、5月3日から4連休の週末を迎えます。
5月1日と2日が平日で、この2日を休めば、最大9日と大型連休が可能な曜日周り。

1.GW

そんなGWの中でも、今回は「こどもの日」に関してアンケート調査を行いました。

 

[アンケート概要]
■テーマ:こどもの日に関するアンケート

■サンプル数:665
■アンケート期間:2017年5月10日(月)~12日(水)
■年代:関西在住の0~12歳のこどもを持つ20代~60代の女性

 2.こどもの日

 

 

Q1. 「こどもの日」にちなんだことは行いましたか
(n=665)

3.アンケート①

7割以上の方が「こどもの日」にちなんだことをやっていると回答。

 

 

Q2. どのようなことを行いましたか 
(n=665)

 

4.アンケート②

 

こどもの日に実施したことでは、昨年に引き続き、「かしわ餅を食べた」
「兜・人形を飾った」「鯉のぼりを飾った」の順でした。

食事に関することでは、「外食をした」「こどもの日らしい料理を食べた」が
4~7%程度高い結果となりました。

 

Q3.「こどもの日」は誰と過ごしましたか。
(n=665)

 

5.アンケート③

 

 

Q5.こどもの日のメインメニューは何を食べましたか
(n=665)

 

6.アンケート④

 

 

こどもの日のメインメニューの人気順は1位が「鶏の唐揚げ」、
2位は「にぎり寿司」、3位は「焼肉」の順でした。

 

7.からあげ

こどもの日は「からあげ」「ハンバーグ」など、
こどもが好きなメニューの登場率が高く、
「すし」「焼肉」「手巻寿司」など、家族みんなで楽しむメニューが多く、
「子ども」「配偶者」など、家族と一緒に過ごしていることが分かります。

 

 

「こどもの日」に関するフリーアンサーでは、

◎女子にも楽しめるイベントが増えると良いと思う。

 

◎こどもの日は男の子の日というイメージがある。

うちは女の子しかいないのであまり関係ないイメージ。

 

◎女の子なのでお雛祭りの方がお祝いムードだった。  など、

まだまだ「こどもの日 = 男の子」のイメージが強いです。

 

もともとは「端午の節句」と呼んでいて、男の子をお祝いしていたが、
1948年に5月5日を「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、
母に感謝する」お休みの日と決められてから、
端午の節句をこどもの日と呼ぶようになったそう。

 

今では子どもたちみんなをお祝いするようになり、こどものお祝いだけじゃなく、
「母に感謝する」という意味もあることから、
女性も楽しむことができる家族だんらんのこどもの日を
提案してみてはいかがでしょうか?