日々のヒラメキ

knK7olOnCNf6h8DZ

主要メディアの利用時間と時間帯別データを調べてみた。

date  2015.05.14

今更ながら、テレビ・インターネット・新聞・ラジオ

世代別平均利用時間(平日)と

時間帯別行為者率(平日)を調べてみました。

 

まずは図1-1世代別平均利用時間です。

 

図1

 

全世代を見ると1日当たり168.3分テレビを視聴しているのが分かります。

この視聴時間は、インターネットの利用時間77.9分の2倍以上 の数値となります。

30代以降で見ると年代が上がるにつれ主要メディアの中で、やはりテレビ

圧倒的な存在であることが分かります。

 

さらに図1-3-1時間帯別行為者率を見てみると

 

図2

 

テレビの視聴は、朝7時と夜21時にピークがあります。

インターネットは、ピークがお昼の12時と夜21時という結果から

外出後に電車の中や会社・学校。家に帰ってテレビを見ながら情報収集や

ゲームを行っているのが分かります。

 

新聞のピークは朝7時でそれ以降は、閲読されていないことが分かります。

昨今、テレビの視聴率低下がニュースなどで取り上げられていますが

今回のデータを見るとメディアとしてのテレビの力は大きく、

特に年齢が上がれば上がるほど、効果を発揮するメディアであることが

分かりました。

 

この事からテレビで流すコンテンツを
しっかりと見定めたうえで、

視聴者へ最適な情報をお届けする必要が
あるのではないでしょうか?

 

※図表引用元

『平成25年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査 <速報> 』
 発行元:総務省 情報通信政策研究所

〇図1-1は、1日当たりの年代別テレビジョン放送視聴時間の推移

〇図1-3-1は、30分ごとの平均視聴率(全国・週平均)

 

 

 tsumura

 


Categories

  • お知らせ

    バウコミュニケーションズからのニュースやトピックスをお届けします。

  • 制作事例
    バウコミュニケーションズが手掛けた制作物やイベントなどを紹介します。
  • 日々のヒラメキ

    マーケティング室スタッフが日常の中に落ちているマーケティングのヒントをブログ形式で綴ります。

  • 食べるのもお仕事

    食べること大好きな女子社員がお届けする食のレポートです。

  • 生活者レポート

    旬な話題やトレンド商品など、暮らしにまつわるテーマを幅広く取り上げて生活者の思いを分析します。

  • バウレポート

    販促のポイントになる食のトピックを掘り下げ、主婦の”いま”のホンネを探る毎月発行の自社マガジンです。

  • 暮らしのデータ
    食品流通小売の販促計画立案に役立つ生活者の動向を月別にまとめたマスタープランです。
    当社専属生活者モニター組織「LiNS」による食生活や日々の暮らしに関するアンケート調査です。
全国約6000万台のテレビが新たな販売チャネル!おうちでピッとお買い物 テレビスーパー
week52MD 生活者視点のコミュニケーションストーリー

制作事例

株式会社バウコミュニケーションズ

Copyright (C) BAU COMMUNICATIONS Inc.