ページ内を移動するためのリンクです。

手巻き寿司の逆輸入メニュー『テマケリア』って?

お祝いごとや、人が集まる日の定番『手巻き寿司』が、海外で独自の進化を遂げているようです。作って、食べて、その魅力に迫ってみました。

 

『テマケリア』って日本食?

 

Y_02

 Y子

 

Y:

テマケリアは「手巻き寿司屋さん」「手巻き寿司」という意味のポルトガル語で、ファーストフードとしてブラジルやアメリカで人気が出てきているらしいよ!

 

K:

チーズや揚げもの、フルーツなんかも巻いちゃうのが特徴だって。

 

S:

海外のテイストが入った手巻き寿司…いったいどんな味になるんだろう。

 

~実際に食べてみた~

 

K:

今回用意した具材だよー。お肉系の具材を多くしてみた。

 

写真 2017-04-18 13 00 18(アイキャッチ)

 

S:

カラフル!ソースと合わせたらどんな味になるかな。さっそく作ってみよう!

 

「サーモンフライ + チーズ + きゅうり + サルサソース」

 

サーモンフライ02

 

Y:

揚げものを入れたらかなりボリュームが(笑)。ピリ辛なソースがごはんと具材に合う!

 

K:

サルサソースと合ってるのが意外ー。

 

Y:

ソースのおかげで、南米っぽい味になった。

 

 

「サーモン + アボカド + きゅうり + たまねぎドレッシング」

 

サーモン02 

 

S:

本場はライムとか酸味をきかせたメニューもあるみたいだから、酢っぱめのドレッシングをかけてみたよ。すごくさっぱりしていて、サラダ感覚で食べられる。

K:

いいね。こってり目の具材にしても、ソースがうまくまとめてくれそう。

 

K_02

 K子

 

「ローストビーフ+パプリカ+レタス+ローストビーフソース」

 

K:

これは相性バツグン!パプリカって手巻きにはあんまり入れないけど、食感が良くていいアクセントになってる。

 

ローストビーフ02

 

Y:

おー、カラフルで見た目もいいね。

 

外国のテイストをプラスすると、
まったく新しいメニューに。

 

S:

ソースでお寿司を食べるのが初めてだったけど、意外な発見があって面白かった。

 

Y:

組み合わせを考えるのが楽しいね。次はレモンとか、オリーブオイルをかけて挑戦したいな。

 

K:

いいね。ブラジルだと他にも、天ぷらやスパイシーに味つけしたお刺身、きのこのバター炒めやベーコンを巻いたりしているんだって。

 

S:

外国風にするとガラッと料理の印象が変わるから、食卓のイベント感がかなり増すよね!

 

S_02

 S子

 

Y:

お馴染みのお鍋や炊き込みごはんも、海外のスパイスや調味料を加えるだけで、新鮮に感じるもんね。

 

K:

確かに。「いつもの料理を色んな国のテイストで」って切り口はスーパーでも訴求しやすそう。料理を作る側、食べる側も、ちょっとの材料や組み合わせの変化で、新しさを感じられるのがうれしいよね。

 

結論

外国風にすることで、
お馴染みメニューも新しいものになる?!

 

※「テマケリア」は、ミツカングループの商標です。