食べるのもお仕事

写真 2017-04-18 13 00 18(アイキャッチ)

手巻き寿司の逆輸入メニュー『テマケリア』って?

date  2017.05.26

お祝いごとや、人が集まる日の定番『手巻き寿司』が、海外で独自の進化を遂げているようです。作って、食べて、その魅力に迫ってみました。

 

『テマケリア』って日本食?

 

Y_02

 Y子

 

Y:

テマケリアは「手巻き寿司屋さん」「手巻き寿司」という意味のポルトガル語で、ファーストフードとしてブラジルやアメリカで人気が出てきているらしいよ!

 

K:

チーズや揚げもの、フルーツなんかも巻いちゃうのが特徴だって。

 

S:

海外のテイストが入った手巻き寿司…いったいどんな味になるんだろう。

 

~実際に食べてみた~

 

K:

今回用意した具材だよー。お肉系の具材を多くしてみた。

 

写真 2017-04-18 13 00 18(アイキャッチ)

 

S:

カラフル!ソースと合わせたらどんな味になるかな。さっそく作ってみよう!

 

「サーモンフライ + チーズ + きゅうり + サルサソース」

 

サーモンフライ02

 

Y:

揚げものを入れたらかなりボリュームが(笑)。ピリ辛なソースがごはんと具材に合う!

 

K:

サルサソースと合ってるのが意外ー。

 

Y:

ソースのおかげで、南米っぽい味になった。

 

 

「サーモン + アボカド + きゅうり + たまねぎドレッシング」

 

サーモン02 

 

S:

本場はライムとか酸味をきかせたメニューもあるみたいだから、酢っぱめのドレッシングをかけてみたよ。すごくさっぱりしていて、サラダ感覚で食べられる。

K:

いいね。こってり目の具材にしても、ソースがうまくまとめてくれそう。

 

K_02

 K子

 

「ローストビーフ+パプリカ+レタス+ローストビーフソース」

 

K:

これは相性バツグン!パプリカって手巻きにはあんまり入れないけど、食感が良くていいアクセントになってる。

 

ローストビーフ02

 

Y:

おー、カラフルで見た目もいいね。

 

外国のテイストをプラスすると、
まったく新しいメニューに。

 

S:

ソースでお寿司を食べるのが初めてだったけど、意外な発見があって面白かった。

 

Y:

組み合わせを考えるのが楽しいね。次はレモンとか、オリーブオイルをかけて挑戦したいな。

 

K:

いいね。ブラジルだと他にも、天ぷらやスパイシーに味つけしたお刺身、きのこのバター炒めやベーコンを巻いたりしているんだって。

 

S:

外国風にするとガラッと料理の印象が変わるから、食卓のイベント感がかなり増すよね!

 

S_02

 S子

 

Y:

お馴染みのお鍋や炊き込みごはんも、海外のスパイスや調味料を加えるだけで、新鮮に感じるもんね。

 

K:

確かに。「いつもの料理を色んな国のテイストで」って切り口はスーパーでも訴求しやすそう。料理を作る側、食べる側も、ちょっとの材料や組み合わせの変化で、新しさを感じられるのがうれしいよね。

 

結論

外国風にすることで、
お馴染みメニューも新しいものになる?!

 

※「テマケリア」は、ミツカングループの商標です。

 


Categories

  • お知らせ

    バウコミュニケーションズからのニュースやトピックスをお届けします。

  • 制作事例
    バウコミュニケーションズが手掛けた制作物やイベントなどを紹介します。
  • 日々のヒラメキ

    マーケティング室スタッフが日常の中に落ちているマーケティングのヒントをブログ形式で綴ります。

  • 食べるのもお仕事

    食べること大好きな女子社員がお届けする食のレポートです。

  • 生活者レポート

    旬な話題やトレンド商品など、暮らしにまつわるテーマを幅広く取り上げて生活者の思いを分析します。

  • バウレポート

    販促のポイントになる食のトピックを掘り下げ、主婦の”いま”のホンネを探る毎月発行の自社マガジンです。

  • 暮らしのデータ
    食品流通小売の販促計画立案に役立つ生活者の動向を月別にまとめたマスタープランです。
    当社専属生活者モニター組織「LiNS」による食生活や日々の暮らしに関するアンケート調査です。
全国約6000万台のテレビが新たな販売チャネル!おうちでピッとお買い物 テレビスーパー
week52MD 生活者視点のコミュニケーションストーリー

制作事例

株式会社バウコミュニケーションズ

Copyright (C) BAU COMMUNICATIONS Inc.