食べるのもお仕事

1

料理に「小豆(あずき)」を取り入れてみよう!

date  2017.01.07

古くから日本人に馴染みのある小豆。でも、その栄養や効果が再注目され始めたのは最近のこと。今回は、小豆を料理に取り入れて、毎日摂る方法を探ってみました。

 

女性にうれしいポイントがいっぱい。

 

T子 T子

 

S:

小豆は甘いイメージだったんだけど、ちょっと前に韓国で小豆ダイエットが話題になっていたよね。小豆の煮汁を食前に飲むだけでいいなんて、試してみたくなるなぁ。

Y:

そうだね。小豆はビタミンBや食物繊維が豊富なんだよね。ポリフェノールやミネラルも含まれているらしいから、ダイエット以外の効果も期待できそう。

T:

小豆茶も女性に人気だよね。むくみの解消にもいいって聞いて、飲んでみたいなと思っていたところ。

 

やっぱり手間がかかるのがネック!?

 

1 炊くとなると大変なイメージも…

 

 

Y:

小豆を取り入れてみたい気持ちはあるけど、渋抜きが必要だったり、煮始めたら鍋から離れられなかったり…。ちょっと手間がかかるのがネックかな。

T:

一度にたくさん作らなきゃいけないから、使い切るのが大変なイメージもあるようね。でも、最近は甘いゆで小豆だけじゃなくて、無糖のゆで小豆も売っているから便利。

S:

そうなんだ!ネットでは、『ストック小豆』っていうのも話題みたい。保温ボトルに熱湯と小豆を入れて、6~8時間置いておくだけで炊けるんだって。

 

S子 S子

Y :

へぇー、今夜試してみようかな。意外と続けられそうな気がしてきたね。

 

Y子 Y子 


いつものごはんに、ゆで小豆をIN!

 

―翌日

T:

スーパーで買った無糖のゆで小豆をミネストローネに入れてみたよ。驚くほど違和感がなかった!これなら、どんなスープにもプラスできそう。

2 小豆INで食べ応えもぐんとアップ。

 

Y:

私は、『ストック小豆』を作って、おにぎりに入れてきた!

 

3 小豆入りおむすびは彩りもグッド。

S:

私は、小豆カレーに挑戦!粒が小さいから、ちょうどいい存在感。今まで食べた豆カレーで一番好きかも。

 

ほうれん草と小豆のカレー ホクホク感がクセになる小豆カレー

Y:

時間をかけて炊くのもひとつの楽しみだろうし、時短を求めるなら市販品に頼ればいい。サプリやスーパーフードの感覚でいろんな料理にプラスしちゃえばいいのかも。

 

5 甘酒は甘い小豆と相性もバツグン!

 

 

結論★

市販品を使えば、お手軽!?
この先も、ますます女性人気が高まりそうな予感。

 

 

 


Categories

  • お知らせ

    バウコミュニケーションズからのニュースやトピックスをお届けします。

  • 制作事例
    バウコミュニケーションズが手掛けた制作物やイベントなどを紹介します。
  • 日々のヒラメキ

    マーケティング室スタッフが日常の中に落ちているマーケティングのヒントをブログ形式で綴ります。

  • 食べるのもお仕事

    食べること大好きな女子社員がお届けする食のレポートです。

  • 生活者レポート

    旬な話題やトレンド商品など、暮らしにまつわるテーマを幅広く取り上げて生活者の思いを分析します。

  • バウレポート

    販促のポイントになる食のトピックを掘り下げ、主婦の”いま”のホンネを探る毎月発行の自社マガジンです。

  • 暮らしのデータ
    食品流通小売の販促計画立案に役立つ生活者の動向を月別にまとめたマスタープランです。
    当社専属生活者モニター組織「LiNS」による食生活や日々の暮らしに関するアンケート調査です。
全国約6000万台のテレビが新たな販売チャネル!おうちでピッとお買い物 テレビスーパー
week52MD 生活者視点のコミュニケーションストーリー

制作事例

株式会社バウコミュニケーションズ

Copyright (C) BAU COMMUNICATIONS Inc.