日々のヒラメキ

gion05

桜の季節に思う…

date  2016.04.11

 

咲き始めた後に、気温が低い日が続いたこともあり

今年の桜は少し長持ち。

 

その最後の雄姿を眺めようと、京都駅で新幹線を降り四条方面へ。

木屋町通りも四条を下がっていくと、意外に人数は少なくなり

今まさに盛りの桜並木が、高瀬川沿いに続く。

 gion01

河畔にある馴染みの居酒屋の窓から

かすかに見える桜を眺めながら、ちびちびといただくのは、

滋賀は甲賀市土山にある
造り酒屋・安井酒造場さんの「初桜」。

 

そのかわいいボトルデザインとは相反して、

実はかなりしっかりしたお酒。

 gion06

(機会があれば、ぜひお試しあれ!)

安井酒造場さんのHPはこちら

http://www.eonet.ne.jp/~hatusakura/

 

さて世の中では新年度が始まって、いろいろなことが変わる。

そしてそういったことについて、あれこれ考えてみる。

 

電力小売りが自由化されて、新しいプレイヤーが続々参入。

基本的にはガス、通信、電鉄などといった

インフラ系の企業が多いわけだが、

なぜ、上下水道は登場しないのかなー? とか…

一億総活躍社会実現の一環として施行された「女性活躍推進法」で、

行動計画策定が義務付けられるのは、

なんで301人以上を雇用する会社なんだろう? とか…

(もちろん大企業の定義は承知しているが、

 今回の縛りは「社員数」だけである)

 

ルールの変更ではないが、

世の中の変化を感じざるを得ない出来事も。

 

少々ローカルな話しで恐縮だが、

東京・大田区にダイシン百貨店というお店がある。

創業は1948年というから、70年近く前のこと。

いろいろと紆余曲折を経ながら、

近年ではJR大森駅近くの1店舗に特化し、

地域密着、かつ高齢者対応型店舗の象徴として、

メディアにも数多く取り上げられた。

一人でも購入する人がいるのなら、その商品は置き続ける。

高齢者は食が細るから、巻きずしも「一切れ」から販売する。

かなりの広さのお店ではあるが、

そうして積み上げられた商品で溢れる売場は

毎日のように来店する近隣の高齢者で、
賑わっていた(いるように見えた)。

 

3月31日に発信されたリリースによれば、

そんなダイシン百貨店が、

このたびドンキホーテホールディングスの傘下に入り、5月には

同社最新業態「MEGAドン・キホーテ」として生まれ変わるとのこと。

 

(う~ん。驚いた!)

 

そしてみなさまもよく御存じの話し。

台湾の企業「鴻海精密工業」による、シャープの買収決定。

合意の後もさんざんもめた後の決定に、さまざまな憶測が流れる。

しかしながら今回の買収から考えさせられるのは、

今までとは逆の流れ。

すなわち外資による
日本企業の買収という時代が始まるということ。

 

インバウンドの「爆買い」があちこちで旋風を巻き起こしているが、

その勢いが、いよいよ企業という商品にも到達した。

 

(空港の免税店に企業という商品が並ぶのかなー)

 

もちろんこのことはデメリットばかりではなく、外国からの投資は、

長い目で見れば「メリット」が多いと言える現象であろうが、

それは「買われる側」がきちんと対応した場合のこと。

技術の流出、雇用の確保等々の課題が取り上げられているが、

要は「買われる側の覚悟」の問題なのだろうと思う。

 

 

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり。

沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。

おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。

たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

(平家物語:巻第一冒頭)

 

gion03 

祇園の夜が深まるにつれて、鐘の声が聴こえたような気がした。

 

 

Nofuji.


Categories

  • お知らせ

    バウコミュニケーションズからのニュースやトピックスをお届けします。

  • 制作事例
    バウコミュニケーションズが手掛けた制作物やイベントなどを紹介します。
  • 日々のヒラメキ

    マーケティング室スタッフが日常の中に落ちているマーケティングのヒントをブログ形式で綴ります。

  • 食べるのもお仕事

    食べること大好きな女子社員がお届けする食のレポートです。

  • 生活者レポート

    旬な話題やトレンド商品など、暮らしにまつわるテーマを幅広く取り上げて生活者の思いを分析します。

  • バウレポート

    販促のポイントになる食のトピックを掘り下げ、主婦の”いま”のホンネを探る毎月発行の自社マガジンです。

  • 暮らしのデータ
    食品流通小売の販促計画立案に役立つ生活者の動向を月別にまとめたマスタープランです。
    当社専属生活者モニター組織「LiNS」による食生活や日々の暮らしに関するアンケート調査です。
全国約6000万台のテレビが新たな販売チャネル!おうちでピッとお買い物 テレビスーパー
week52MD 生活者視点のコミュニケーションストーリー

制作事例

株式会社バウコミュニケーションズ

Copyright (C) BAU COMMUNICATIONS Inc.