日々のヒラメキ

travel_07

水素を、もっと手軽で、身近なものに!

date  2015.10.06

最近は、
料理教室に行っても、
美容院に行っても、リラクゼーションなどのサロンに行っても、
「すごく良いですよー」と、すすめられるのは、

水素! 

いまや、水素は、健康や美容にはもちろんのこと、
さらには、地球にも優しいクリーンエネルギーとして、注目の的です。

先日は、街を歩いていて、「水素バーいかがですか?」
と声をかけられました。

お手頃なお値段で、おためし体験ができるというものだったので、
トライしてみることに!

個室に通されて、
高濃度の水素を鼻から取り込んでいきます。
それにプラスして、効果をあげるために、
高濃度の水素水をのみながら・・・1時間ほど。

水素といっても、匂いもないですし、水素水もただのお水みたいなので、
ほんとに、効果がでるのかな?といった感じでしたが、
以前から興味があったので、気分的にはすっきりしました。笑。

 

そもそも、なぜ水素がいいのかといいますと、
私たちは、呼吸をして酸素を取り入れていますが、
その際、一部が、「活性酸素」という毒性のあるものへ変化し、
シミやシワといった老化から、がんや動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす
大きな原因になっているとされています。
その「活性酸素」を、水素が取り除いてくれるのです。

 

人以外にも、
野菜なんかも、水素水で洗うことで、
しなびていたものは、しゃきしゃきっと鮮度を持ち直したり、

お米も、
水素水で炊くことで、同じお米とは思えないほど、
ふっくらとした炊き上がりになり、おいしくなると聞きます。

また、ペットにも、水素水を与えることで、
健康になり、食欲がでたり、病気になりにくくなるんだとか。
 

しかし、水素関連の商品は、まだまだとても高い印象。

水素水生成器は、何十万としますし、
数万円の小型のものなども出てきていますが、
濃度と効果は比例するため、
高い効果を期待するなら、やはり高濃度のもの。

だからといって、商品化された水素水も、
毎日飲むとなると、なかなか高額です。

管理の仕方やパッケージによっては、水素が
すぐ抜けてしまう場合もあって、なかなか難しいと聞きます。

既に、ある装置を付ければ、
家で使う水はすべて水素水といった商品もでてきていますが、
高額です。

今後、もっと開発が進んで安価になれば、
家庭で使う水は、水素水が当たり前、なんて世の中も来るのでしょうか。

「活性酸素」で錆びついた身体をよみがえらせ、
さらに、地球規模で考えれば、
二酸化炭素を発生させない、クリーンエネルギーとして、
燃料としても注目を集めている水素。

経済産業省も、
水素実現社会を目指して、
2030年には、水素発電所の本格稼働に向けて動き出しています。

さらに、病院や美容関連のサロンなどでも、
ウォーターサーバーの代わりに、
水素水サーバーを導入したりしているところもちらほらでてきています。

水素が私たちの生活の中で、もっと身近になれば、
さらに、健康で安全な社会が待っているんだろうな、と感じます。

水素の商品が、もっと安価で手に入ることを願っています!

 

 

Kageyama


Categories

  • お知らせ

    バウコミュニケーションズからのニュースやトピックスをお届けします。

  • 制作事例
    バウコミュニケーションズが手掛けた制作物やイベントなどを紹介します。
  • 日々のヒラメキ

    マーケティング室スタッフが日常の中に落ちているマーケティングのヒントをブログ形式で綴ります。

  • 食べるのもお仕事

    食べること大好きな女子社員がお届けする食のレポートです。

  • 生活者レポート

    旬な話題やトレンド商品など、暮らしにまつわるテーマを幅広く取り上げて生活者の思いを分析します。

  • バウレポート

    販促のポイントになる食のトピックを掘り下げ、主婦の”いま”のホンネを探る毎月発行の自社マガジンです。

  • 暮らしのデータ
    食品流通小売の販促計画立案に役立つ生活者の動向を月別にまとめたマスタープランです。
    当社専属生活者モニター組織「LiNS」による食生活や日々の暮らしに関するアンケート調査です。
week52MD 生活者視点のコミュニケーションストーリー
バウレポート1月号『おしゃべりんぐサミット』ダイジェストムービー
バウレポート5月号『おしゃべりんぐサミット』ダイジェストムービー

制作事例

株式会社バウコミュニケーションズ

Copyright (C) BAU COMMUNICATIONS Inc.