日々のヒラメキ

IMG_1340

糖尿病の人へ。砂糖不使用の生チョコレート☆ ―ふたばスイーツ―

date  2016.06.17

先日、滋賀県にある

メゾンドロースノアのパティシエ松本氏と、
京都府立医科大学付属病院の
糖尿病医療チーム「Team FUTABA」が

共同開発で作ったという、生チョコレートをみつけ、購入してみました!

IMG_1268

こちらのチョコレートは、砂糖不使用!

IMG_1339

 

「開発されたパティシエの松本氏は、ご自身も糖尿病で、
 細かい糖質量の計算や摂取制限など、食事療法の大変さを経験。

 数日でもつらいものを
 これから一生続けていかなければならないと知ったとき、
 パティシエという職業柄、大きなショックを受けられたんだとか。
 仕事を続けていけないかもしれないという不安や、
 食事への期待感が薄れ、人生から少し鮮やかさが抜け落ちた気がしたそう・・・

 そんなとき、「低糖質スイーツ」の共同開発の話が持ち上がり、
 開発に踏み切ったそうです。
 (※HPやパンフレットより抜粋 http://www.maison-de-lours-noir.com/

 食べた感想としては、
 一粒で、とても食べごたえがあり、

 砂糖不使用とは思えない味わい♪

砂糖不使用だと言われなければ、気付かないぐらいです。 

こんな商品があると、糖尿病の患者さんは、とてもうれしいでしょうね!

健康な人でも、砂糖の取りすぎは、
肌荒れの原因や、イライラの原因になったりします。

そのため、糖尿病でない健康な人も、
こんな砂糖不使用のチョコレートを食べれば、
ヘルシーで、良いですね!

「ふたばスイーツ」には、この生チョコレート以外にも、

◆ふたばガトーショコラ 290円   糖質4.7g  94kcal
◆ふたばプリン     250円     糖質3.2g   78kcal
◆ふたばフロマージュ   220円   糖質6.1g   78kcal
◆ふたばブランマンジェ 220円   糖質3.9g  79kcal
  

といった商品があります。

この「低糖質スイーツ」のコンセプトは3点。

リーズナブルな価格
②おいしい
③糖質とカロリーをバランスよく抑える

きちんと、このような観点から考えられています。

低糖質スイーツは、とても高価だったり、
あまりおいしいと言えるものではなかったり、
糖質をカットは実現できているが、おいしさを考えて、
たくさんのバターなどを使い、高カロリーになっていたりすることも。

 

消費者の状況を配慮したスイーツが、
開発されるのは、とてもうれしいですね。

食べることは、毎日のことですから、
楽しみたいものです。

 

 

Kageyama


Categories

  • お知らせ

    バウコミュニケーションズからのニュースやトピックスをお届けします。

  • 制作事例
    バウコミュニケーションズが手掛けた制作物やイベントなどを紹介します。
  • 日々のヒラメキ

    マーケティング室スタッフが日常の中に落ちているマーケティングのヒントをブログ形式で綴ります。

  • 食べるのもお仕事

    食べること大好きな女子社員がお届けする食のレポートです。

  • 生活者レポート

    旬な話題やトレンド商品など、暮らしにまつわるテーマを幅広く取り上げて生活者の思いを分析します。

  • バウレポート

    販促のポイントになる食のトピックを掘り下げ、主婦の”いま”のホンネを探る毎月発行の自社マガジンです。

  • 暮らしのデータ
    食品流通小売の販促計画立案に役立つ生活者の動向を月別にまとめたマスタープランです。
    当社専属生活者モニター組織「LiNS」による食生活や日々の暮らしに関するアンケート調査です。
全国約6000万台のテレビが新たな販売チャネル!おうちでピッとお買い物 テレビスーパー
week52MD 生活者視点のコミュニケーションストーリー

制作事例

株式会社バウコミュニケーションズ

Copyright (C) BAU COMMUNICATIONS Inc.