ページ内を移動するためのリンクです。

老舗が名店をリデザイン! 歴史あり but 新感覚なスイーツいろいろ食べてみました。

老舗のお菓子、というとギフトにしたり、改まったときにしか食べられない、特別な存在。ふだん食べるのは恐れ多い? いやいや、最近、老舗の名菓がクオリティはそのままに、お洒落デザインになったり、気軽に食べられるカタチに”リデザイン”されているらしい! さっそく、和洋老舗ブランドのお菓子、食べてみました。 

 

羊羹がこんなにスタイリッシュに!?

 

(左)TORAYA CAFE/ヨウカンアラカルト[コーヒー・ローズ・ジンジャー]
(右)TORAYA CAFE/あんボーロ

 

 

Y:

まずは、和の老舗の代表格、虎屋さんの「TORAYA CAFE」でいろいろ買ってきてみました。

R:

何これ、すでにパッケージがかわいいんだけど!

Y:

それ、なんと羊羹なんですよ。

K:

え?この袋に羊羹?

Y:

こんな風に1つずつ小さくタブレットみたいになってるんです。

K:

きゃー、これ羊羹?味も、ローズ、ジンジャー、コーヒーだって。

 

 

R:

普通のあんこじゃないの?邪道な気もするけど…(食べる)、おおー、おいしい。

K:

コーヒーとあんこって合う!どっちの味もしっかりしてる。

Y:

おいしいし、かわいいし、ちょっとしたギフトにもいいですよね。

R:

うん、これが羊羹?っていう驚きもあっていいわ。

Y:

で、こちらが”ぼうろ”です。

R:

見た目は素朴なのに、ひと口噛むと抹茶の香りがしっかり老舗感を主張してくるわ。

K:

うん、流石のおいしさだね。老舗の和のお菓子ってかなりかしこまったときにしか買わない物、というイメージだったけど、これならちょっとしたときにも買えるし、味は絶対安心だし、いいね。このあんこペーストも、ずっと食べていたくなるおいしさ。

 

 

Y:

カジュアルとはいえ、絶対的なブランド力もありますしね。ギフトや手土産にも絶対喜ばれますよね。

 

おいしさはそのまま、”ちょうどいい”デザインに。

 

 

風月堂/ゴーフレーシュ

 

Y:

さてお次は風月堂さんの「ゴーフレーシュ」。あのゴーフルをリデザインして生まれたお菓子です。

R:

これはお店だと焼きたてを食べられるの?いいな。

 

 

K:

こんなに薄いのに、生地がもっちりしてるー。中のクリーム作りたてっぽいおいしさがある。

Y:

ゴーフルと同じ焼き方で、その場で焼いてくれるんですよ。こっちも食べてみてください。「焼きたて東京カステラ」です。

 

 

R:

んー、見た目以上に、しっとり~。

 

 

Y:

小さな立方体の銅釜に生地を流し込んで焼く伝統的な焼き方だそうですよ。

 

 

K:

このサイズ感もいいよね。街ぶらの途中で焼きたてを食べるのにぴったり。

R:

うん、どのお菓子もお洒落なだけじゃなくて、”ちょうどいいサイズ”にデザインされているのがいいなと思った。あんまり大きいお菓子は、余らせちゃって一番おいしいタイミングでたべきれなかったりするから。

Y:

老舗、というと敷居が高く感じちゃいますけど、こんな風に新しい形にチャレンジしてくれれば、私たちでも気軽に本格的な味が楽しめて、うれしいですよね!

 

結論★

老舗の味はそのままに、
サイズやデザインの”ちょうど良さ”がうれしい!