日々のヒラメキ

IMG_0819

驚きのピンクカレー★

date  2015.05.07

大阪本社から徒歩5分ほどのところにある、
大阪 中之島にあるフェスティバルプラザ。

 

最近、鳥取市のセレクトフードを扱うショップ「ととりのまんま」ができたので、
覗いてみたところ、びっくりするレトルト食品を見つけました!

 

もうご存知の方もおられるかもしれせんが、
華貴婦人の

ピンク華麗(カレー)!

IMG_0812

 

こんなレトルトカレーって、見たことありません・・・
インパクトありませんか?(^_^;)

 

怖いもの見たさと珍しさで、試しに購入してみました。 

 

このピンク色は、鳥取県産のビーツを使用しているのですが、
とっても鮮やかな色! 

 

もともと、このピンクカレーは、
ブリリアントアソシエイツという会社が経営する
鳥取市にある貴婦人のドレス体験のできる古民家カフェ「大榎庵」で
出されていたメニューで、
人気があったため、レトルト商品としても販売し始めたのだとか。

 

この会社では、
「食と健康」の両面から鳥取発信のブランドを創ることを目的とされ、
地域ブランド作りに力を注がれています。

 

観光などで鳥取に行った際、こんなインパクトなカレーがあれば、
多くの人が訪れるかもしれませんね!

 

 さて、実際どんな味がするのか興味津々。

 温めて、お皿に盛りつけると、こんな感じになります。

 

 

IMG_0819

 

 

それにしても、 すごい色!

 

お味は、見た目とは異なり、ちゃんと辛いカレーの味がするのですが、
色に気を取られて、落ち着いて味わえません・・・・・・

 

脳は、ピンク色=甘いという認識にあるためか、
辛いことが、さらに違和感を生みます(^_^;)

 

これがスイーツでしたら、
何の違和感もなく、食べられるのでしょうが、
実際目の当たりにしてみると、

色は想像以上に、味や食欲を左右する

と実感します。

 

このシリーズで、ピンクのお醤油も出たらしく、
この時は、まだお店に入荷してなかったのですが、
既に問い合わせや予約注文も何件かあり、人気のようです。 

 

今まで味わったことのない、感覚が楽しめる、
ビーツの存在感が際立つピンクカレー、一度お試しください(^_^)

 

そして、こんなインパクトのある商品が販売されたことで、
鳥取県に対するイメージが、変わりますね!

ビーツを生産しているということも初めて知りました。

 

インパクトのある商品で、
地域の活性化に繋げてみてはいかがでしょうか?

 

観光地では、よくお菓子などのご当地のものがありますが、
ここでしか買えない商品を、PB商品などで開発しても、
お土産として喜ばれるかもしれません!

 

インバウンド対策としても、有効ではないでしょうか。 

 

 

 

Kageyama

 

 


Categories

  • お知らせ

    バウコミュニケーションズからのニュースやトピックスをお届けします。

  • 制作事例
    バウコミュニケーションズが手掛けた制作物やイベントなどを紹介します。
  • 日々のヒラメキ

    マーケティング室スタッフが日常の中に落ちているマーケティングのヒントをブログ形式で綴ります。

  • 食べるのもお仕事

    食べること大好きな女子社員がお届けする食のレポートです。

  • 生活者レポート

    旬な話題やトレンド商品など、暮らしにまつわるテーマを幅広く取り上げて生活者の思いを分析します。

  • バウレポート

    販促のポイントになる食のトピックを掘り下げ、主婦の”いま”のホンネを探る毎月発行の自社マガジンです。

  • 暮らしのデータ
    食品流通小売の販促計画立案に役立つ生活者の動向を月別にまとめたマスタープランです。
    当社専属生活者モニター組織「LiNS」による食生活や日々の暮らしに関するアンケート調査です。
全国約6000万台のテレビが新たな販売チャネル!おうちでピッとお買い物 テレビスーパー
week52MD 生活者視点のコミュニケーションストーリー

制作事例

株式会社バウコミュニケーションズ

Copyright (C) BAU COMMUNICATIONS Inc.