日々のヒラメキ

PPAP

31/365 を終えて

date  2017.02.03

ついこの間、新年のご挨拶をしたばかりなのに、

はや1月が過ぎ去り、2月を迎えた。

 

さて、みなさまにはどのようなひと月であったでしょうか?

 

基本的には暖冬傾向の今冬だが、

1月中旬には、北海道や北日本、北陸、それに西日本も

いきなりのドカ雪に見舞われ、交通機関は乱れに乱れ

人やモノの往来に大きな影響が出たかと思えば、

再び暖かさが戻り、月末の東京は20℃を越える春の陽気。

おじさんになると、こういう寒暖差がたいそう身体にこたえる。

 

とはいえ、名前の通り季節の分け目である節分から

寒中を通過した翌日には、24節気最初の春分を迎え、

気分的には春が近づいてきたなー、と思えるように。

 

春と言えば桜。

本家の日本気象協会では、まだ今年の開花予想を発表しないが、

民間企業では、ひと足早く予想を発表しているところも。

有名な気象予報おじさんの森田氏が主宰するウェザーマップ社では、

1/24に「さくら開花予想2017」を更新。

それによれば、関東から近畿、山陰にかけては平年並み。

四国・九州では平年より遅くなる見込み、とのこと。

 

ウェザーマップ社 さくら開花予想2017

http://sakura.weathermap.jp/

 

暖冬傾向なので、単純に早くなるかと思えばそうではなくて、

かえって花芽の成長が遅れることで、開花も遅めの傾向となるらしい。

いずれにしても、約2ヶ月後にはまた美しい桜を見ることができるのは、

桜好きの日本人としては、大きな楽しみ。

(しかし、その時にはすでに1年の1/4が終わっているのだが…)

 

そんな1月の出来事で、やはりもっとも関心の高いことと言えば、

やはり1/20に誕生した、
アメリカ第45代プレジデントのトランプさん。

 

その理念や政策について、云々言うつもりはないのだが、

執務室のカーテンを金色に変えた、とか聞くと

趣味悪いおっさんやなー、なんてことでどうも印象がよくない(笑)

(ま、好みの問題ですが…)

それに、ツイッターを活用するのは悪くはないと思うが、

所謂「指先介入」によって、周りが右往左往する光景は、

ちょっと不出来なコメディドラマを観ているようで、現実としては少々不安。

 

しかし、これがれっきとした現実であるから、

これから何が起きるのか、を予測するにはその筋の専門家に聞くよりも

ここはひとう、三谷幸喜さんあたりにご意見を聞いてみたい気がする。

そして決め台詞には「おのおの、ぬかりなく!」ということで。

 

国内に目を向けると、

少子高齢化やそれに伴う労働力不足。

 

それに働き方改革などなど、これからの成長を考える上で、喫緊の課題が山積。

現時点では65歳~ と定義されている高齢者だが、

これを一気に75歳~ に引き上げよう! という議論も真剣に行われている。

 

ま、基準が必要であることは十分に理解できるのだが、

一律に年齢で区切ることには、やはり無理があるように感じてしまう。

65歳でも十分にくたびれている人もいらっしゃるし、

80歳でも精気・活気に満ち溢れている方もいらっしゃる。

そしてできれば、こういう議論にはもっと多様な方々に参加してもらいたいもの。

大抵の場合、該当する年齢近辺の「元気な方々」が中心だしなー(笑)

 

某経済紙では昨日から、「物流」をテーマにした週替わりの連載がスタート。

以前にもこのブログで取り上げたのだが、

ECの浸透によって宅配が一気に増大。

 

しかも、日時や場所指定などは当たり前で、不在なら再配達。

さらに1時間以内にお届けなどという「ユーザファースト」どころか、

「お客様は神様」的なサービスが始まっている。 しかも低価格で…

 

言わずと知れたことで、これらのサービスを支え、提供するのは

物流業に従事する方々であり、

キツイわりには低賃金というお仕事には、なかなか人が集まらない。

なのにどんどん荷物は増えていき、与えられた時間は短縮されていく。

「これは、いよいよ瀬戸際だー」という事業者の悲鳴が取り上げられている。

 

従来は競合関係にあった事業者が共同戦線を張ることで、効率化を図り

鉄道による高速大量輸送が再評価され、

果てにはドローンでお届け、という実験も始まっている昨今。

だが、このままサービスのみを追求していくと、必ずどこかでショートしそうな気がする。

 

「未来」とは、どうあるべきなのか?

明日からぼちぼちと、考えることにします。

 

HATENA

 

Nofuji.

 

 


Categories

  • お知らせ

    バウコミュニケーションズからのニュースやトピックスをお届けします。

  • 制作事例
    バウコミュニケーションズが手掛けた制作物やイベントなどを紹介します。
  • 日々のヒラメキ

    マーケティング室スタッフが日常の中に落ちているマーケティングのヒントをブログ形式で綴ります。

  • 食べるのもお仕事

    食べること大好きな女子社員がお届けする食のレポートです。

  • 生活者レポート

    旬な話題やトレンド商品など、暮らしにまつわるテーマを幅広く取り上げて生活者の思いを分析します。

  • バウレポート

    販促のポイントになる食のトピックを掘り下げ、主婦の”いま”のホンネを探る毎月発行の自社マガジンです。

  • 暮らしのデータ
    食品流通小売の販促計画立案に役立つ生活者の動向を月別にまとめたマスタープランです。
    当社専属生活者モニター組織「LiNS」による食生活や日々の暮らしに関するアンケート調査です。
全国約6000万台のテレビが新たな販売チャネル!おうちでピッとお買い物 テレビスーパー
week52MD 生活者視点のコミュニケーションストーリー

制作事例

株式会社バウコミュニケーションズ

Copyright (C) BAU COMMUNICATIONS Inc.