日々のヒラメキ

150924C

4コマレシピに思うこと

date  2015.09.25

最近の食トレンドの拡散に
SNSが大いに影響していることは周知のとおり。 

なかでもインスタグラムは、

画像がキレイなことから、ファッションやフードと相性が良く、
投稿された画像がきっかけで商品購入に至る場合も少なくない。

女性ユーザーが多いことも知られているが、
月間のアクティブユーザーは、ツィッターの月間ユーザーよりも1億人多い4億人で、
日本などアジアで高い伸長をみせているとのこと。

頻繁に投稿することで、
インスタグラマーとして多くのフォロワーを持つ人が居る一方、
見る専で自分の生活の参考のために情報収集している人も多くいる。
その意味では、

文字量が少なく、写真中心で構成されている
グラフィックマガジンのようなものか。

 

150924BL1

 

ところで、インスタグラムの画像フォーマットは、
四角(スクエア)が基本だが、
それを4コマに割ることで4コマのレシピにしたものがというか、

ハッシュタグ#4コマレシピ

というものが流行している。 

これは某北の国の道具店さんの影響が大きいと思われるが、
それ以上に、4コマというシンプルさが支持を得ているのだろうなと想像される。

書店に行けばレシピブックが山のように並んでいるが、
その切り口の流行は、出版社がしめし合せているのではないかと思ってしまうほど
似通っているし、最近は、WEBで人気→紙で出版という流れが多くなっている。
料理として簡単なのか本格的なのか、もうひとつ狙いがはっきりしていない。

 

150924BL2

 

しかし、インスタグラムのレシピはぶれていないし、進化している。

まず、出来上がりのおしゃれなビジュアル重視、
次に簡単4STEPで出来上がり。

テキストも必要最小限で厄介な手順はない。
省かれている部分もあるのかも知れないが、重要ではない。 

見た目がかわいいか、インパクトあるか、
おいしそうか、すぐ出来そうかが最優先だ。

スーパーなどで、レシピカードが置かれているのを目にすることは多いが、
たいていは季節の素材を使って的なメニューで驚くような内容でもないし、
(売り込みだから当然だ)ビジュアルでアピールするものでもない。
しかも落ち度のないよう文字での説明が多い。

 

150924C

 

料理というのは日常そのものということだろうが、

驚いた、楽しかった、楽チン、キレイだった
といった非日常だって

生活に笑顔(潤い)をもたらすものだと思う。

 

インスタグラムには、そういう需要と供給の豊かな関係が垣間見られるのだ。

 

 

Kikuchi


Categories

  • お知らせ

    バウコミュニケーションズからのニュースやトピックスをお届けします。

  • 制作事例
    バウコミュニケーションズが手掛けた制作物やイベントなどを紹介します。
  • 日々のヒラメキ

    マーケティング室スタッフが日常の中に落ちているマーケティングのヒントをブログ形式で綴ります。

  • 食べるのもお仕事

    食べること大好きな女子社員がお届けする食のレポートです。

  • 生活者レポート

    旬な話題やトレンド商品など、暮らしにまつわるテーマを幅広く取り上げて生活者の思いを分析します。

  • バウレポート

    販促のポイントになる食のトピックを掘り下げ、主婦の”いま”のホンネを探る毎月発行の自社マガジンです。

  • 暮らしのデータ
    食品流通小売の販促計画立案に役立つ生活者の動向を月別にまとめたマスタープランです。
    当社専属生活者モニター組織「LiNS」による食生活や日々の暮らしに関するアンケート調査です。
全国約6000万台のテレビが新たな販売チャネル!おうちでピッとお買い物 テレビスーパー
week52MD 生活者視点のコミュニケーションストーリー

制作事例

株式会社バウコミュニケーションズ

Copyright (C) BAU COMMUNICATIONS Inc.