日々のヒラメキ

IMG_1664

Amazon fire TV stickを使ってみた。

date  2016.12.07

これからのテレビの可能性について日々、考えている私ですが

遅ればせながら

Amazon fire TV stick音声認識リモコン付き

を注文してみました。

 

我が家は、もともとAmazonのプライム会員だったため、

本体を購入するだけで多くの映画やオリジナルTV番組が無料で視聴できました。

3歳の娘は、ドラえもんやクレヨンしんちゃんがコンテンツとして入っていたので

テレビの前で夢中になって観ていました。

 

無料のアプリも数えきれないくらい入っていて、

例えばYou tubeやBBCなどの世界のニュースチャンネルや

世界各地の料理レシピなどです。

驚きは、最近CMなどで露出が多い

Abema TVです。

 

スマートフォン、スマートフォンと連呼しているサービスが

さらりとテレビにも進出しているのです。

まぁ以前からニコニコ動画は、テレビのアプリとして存在していましたが。。。

 

あとAmazon fire TV stickでテレビならではと感じたのは、ヘルプの動画です。

テレビの最大の魅力でもある動画で、

簡単にサービス紹介から機能説明まで行っています。

 

今回、私が注文したのが音声認識リモコン付きのバージョンでした。

早速、音声リモコンを試してみました。

音声認識の精度はかなり高く、周りの雑音は拾わずに私の声だけを認識しました。

近しい言葉は、候補もちゃんと出してくれます。

 

今は、プライムビデオがメインのコンテンツですが今後は、PCのように

テレビでお買い物ができてしまうかもしれませんね。

Amazon fire TV stickは、我が家での利用頻度はかなり高くなりそうです。

 

tsumura


Categories

  • お知らせ

    バウコミュニケーションズからのニュースやトピックスをお届けします。

  • 制作事例
    バウコミュニケーションズが手掛けた制作物やイベントなどを紹介します。
  • 日々のヒラメキ

    マーケティング室スタッフが日常の中に落ちているマーケティングのヒントをブログ形式で綴ります。

  • 食べるのもお仕事

    食べること大好きな女子社員がお届けする食のレポートです。

  • 生活者レポート

    旬な話題やトレンド商品など、暮らしにまつわるテーマを幅広く取り上げて生活者の思いを分析します。

  • バウレポート

    販促のポイントになる食のトピックを掘り下げ、主婦の”いま”のホンネを探る毎月発行の自社マガジンです。

  • 暮らしのデータ
    食品流通小売の販促計画立案に役立つ生活者の動向を月別にまとめたマスタープランです。
    当社専属生活者モニター組織「LiNS」による食生活や日々の暮らしに関するアンケート調査です。
全国約6000万台のテレビが新たな販売チャネル!おうちでピッとお買い物 テレビスーパー
week52MD 生活者視点のコミュニケーションストーリー

制作事例

株式会社バウコミュニケーションズ

Copyright (C) BAU COMMUNICATIONS Inc.