日々のヒラメキ

BAUWEB_“úX‚̃qƒ‰ƒƒLƒvƒƒtƒB[ƒ‹_out

「日々のヒラメキ」スタッフ紹介

date  2010.04.01

日常の中に落ちているマーケティングのヒントを
生活者視点で綴るブログ『日々のヒラメキ』。
記事をお届けするマーケティング室のスタッフをご紹介します。

 

 

 

nofuji

2nofuji

20代の半ばに初めてNYに行ったときのこと。
真冬のNYの街を、隅々までひとりで歩き回った。
それまでにも海外の街は訪れていたけど、その時のNYのことは、今でも鮮明に記憶している。
世界中のあらゆる人種が集い、それとともに食べ物や音楽… さまざまな文化が街中に溢れていて、何もかもが新鮮。
30才を過ぎて、今の仕事を始めてからもずっと なるべくエキサイティングな場所や人と関わっていたいし、 自分自身がそうでありたいと思っている。
マーケティング、そして特にコミュニケーションという領域を特別なものとして捉えることなく、ニュートラルにそしてナチュラルにご提案していきたいと思う。

 

 

toda

 

2toda

これまで食品・衣料メーカー、ホームセンター、GMSなど、 様々な業界企業の販売促進のプランニングを遂行し、 近頃は主に食品関連のマーケティング、MD企画、プロモーションの組立に従事。 
この多様成熟した時代、従来の枠組みで考えると「う〜ん・・・」 と行き詰まることが多いので、従来のMD企画、プロモーションの考え方を少し変化させ建設的に組み立てる!ことを常に意識し52週MDを多面的に捉えた「次世代52週MD」を完成させようと日々精進しています。 
またプライベートでは野菜ソムリエの資格とプランニングを組み合わせて、 畑に行く産地見学イベントや講義セミナーなどを開催しています。 
また、私の体形だけみると「本当に?」とよく言われますが、近頃はマラソンにチャレンジし、イソップ童話「ウサギとカメ」の カメのような終始マイペース走行で、大阪マラソンを2度完走しています。

 

kojima

2kojima

デジタル系メディアのマーケティングを専門領域とする社内唯一のクロスメディア専任担当者として、多岐に渡る案件に首を突っ込んでいます。 
昨今はマーケティング部門とICT部門の距離がどんどん近づいてきているため、吸収しなければいけない知識や身につけるべきスキルも広範囲で進化のスピードも年々加速しているため、勉強と実戦を同時にこなす器用さが求められています。 
現状の解析(健康診断)からの課題解決(治療)さらにはその先の維持管理(健康管理)を目指すご提案、与件外領域にも踏み込んだ「全体最適化」を常に意識しながらお客様の「主治医」的な関わり方をポリシーとしています。

 

kikuchi

2kikuchi

ファッションから食品まで幅広い領域でのプランニングを行います。 
比較的経験が多いのはSCなど商業空間の賑わいづくりを目的としたプロモーション企画ですが、結構色々なことに携わって来ました。 
若い人たちを応援したいという気持ちがあって、インディーズショップの商品などは、機会があればなるべく買うようにしているので、業務でも若者世代とその上の世代をつなぐようなことが出来ればと思ってます。 
趣味というか休みの日は、自転車で街をポタリングすることを中心に 面白いこと、美味しいものを探している、そんな人です。

 

yamauchi

2yamauchi

この業界に入って、40年が経とうとしています。
こんなにも続けられるとは思ってなかったですね。
最近話しをしていて思うのは、消費の変化を肌で感じながら流通の変遷を自分の生活の中で見てきたことですね。
時代と共に業態や販売の仕組み、そして消費者を取り巻く環境や暮らしのキーワードが生まれては消えていきました。
その中にプランナーとして育まれてきた自分がいました。
だからその事はこんな状況で生まれこのように変化し、今このようになっているよと、つい話したくなります。
“シニア”の気持ちが分かる年齢となり、昨年はシニアらしく、 トワイライトエクスプレスで旅を楽しみました。
もう少しだけ好きなことを言わせていただきます。

 

tsumura

2tsumura

週末、娘と何をしようか?と日々模索中の37歳です。
小さな娘と出掛けて発見したことや感じたことをパパ目線で考えたり、 最近の仕事のテーマであるテレビを使ったエリア限定の情報配信とは?や 視聴者と情報配信者の有益なコミュニケーションとは? それから、テレビでのお買物の可能性についても考えています。
この他に、テレビを中心としたスマートフォンや タブレットの役割から考えるコンテンツとは?など 様々な課題に取り組んでいます。

 

tanji

matsumoto

1歳の息子のおかあさんです。
独身→夫婦2人→育児休業中の子育て専業主婦→ワーキングママと、大きく変化する食への関心や買い物の仕方を、身を持って感じてきました。
「保育園からの連絡ツールはスマホアプリ」「SNSでママ友づくり」、こんなイマドキ子育て世代の、アンケートからもデータからも読み取れない、リアリティのあるヒラメキを綴っていきたいと思います。
きっと同じように感じる生活者も少なくないはず。

 

hime

2hime

生活者視点のマーケティングを担当しています。
弊社専属の、生活者モニター組織LiNSを活用して、「主婦が心を動かされるのって、どんな時?」なのか、旬なテーマや話題の商品などについて、 移りゆく生活者の気持ちや行動を捉え、企業と生活者をつなぐ、効果的なアプローチとは何なのか、日々研鑽しています。
プライベートでは、テーブルコーディネートと料理を勉強中です☆

 

 

 

 


Categories

  • お知らせ

    バウコミュニケーションズからのニュースやトピックスをお届けします。

  • 制作事例
    バウコミュニケーションズが手掛けた制作物やイベントなどを紹介します。
  • 日々のヒラメキ

    マーケティング室スタッフが日常の中に落ちているマーケティングのヒントをブログ形式で綴ります。

  • 食べるのもお仕事

    食べること大好きな女子社員がお届けする食のレポートです。

  • 生活者レポート

    旬な話題やトレンド商品など、暮らしにまつわるテーマを幅広く取り上げて生活者の思いを分析します。

  • バウレポート

    販促のポイントになる食のトピックを掘り下げ、主婦の”いま”のホンネを探る毎月発行の自社マガジンです。

  • 暮らしのデータ
    食品流通小売の販促計画立案に役立つ生活者の動向を月別にまとめたマスタープランです。
    当社専属生活者モニター組織「LiNS」による食生活や日々の暮らしに関するアンケート調査です。
week52MD 生活者視点のコミュニケーションストーリー
バウレポート1月号『おしゃべりんぐサミット』ダイジェストムービー
バウレポート5月号『おしゃべりんぐサミット』ダイジェストムービー

制作事例

株式会社バウコミュニケーションズ

Copyright (C) BAU COMMUNICATIONS Inc.