日々のヒラメキ

IMG_3643

七夕のお干菓子☆

date  2014.07.07

今日は、七夕ですね☆

大阪はあいにくの雨ですが、
マーケティング室のKikuchiさんより、七夕にぴったりのお菓子をいただいたので、
ご紹介したいと思います(^^)

IMG_3500

IMG_3502

こちらは、京都で江戸時代から続く老舗の

「松屋藤兵衛の球玉織姫(たまおりひめ)」

という和菓子。

IMG_3657

色がとてもやさしい色で、すずやかです~

寒梅粉を使っているらしく、お抹茶にあいそうなお干菓子!という印象。
カラフルな色は、5色からなり、お味もそれぞれ異なっています。

赤 梅
黄 生姜
白 胡麻
青 柚子
茶 ニッキ

食感は、柔らかすぎず硬すぎず、食べやすく、上品なお味♪
いろんなお味を楽しめるので、うれしいです~(^^)

七夕の季節には、人気商品のため、予約でなかなか手に入らないんだとか☆

44219b019744b12da656be333d4ed65c

もともと七夕は、中国の行事で奈良時代に日本に伝わってきたと言われています。
室町時代に庶民の行事として広まり、江戸時代には笹竹に短冊や色紙を飾るようになりました。

短冊には、邪鬼を払うとされている、中国の陰陽五行説の「青、赤、黄、白、黒」の五色が使われ、
「習字の上達を祈願して」笹に願いを書いて、つるしていたとか。

この「珠玉織姫」も、同じ5色ですね~(^^)
色にもそんな意味があるのかと、感慨深いものがあります。

また、江戸時代から約200年続くお店・・・
江戸の人も、このお菓子を七夕にいただいていたのかと考えると、
時代を超えて、同じ季節や時を過ごしているなんて、不思議な感じがしますね☆

IMG_3637

とっても、風情あるお菓子。

お抹茶にもぴったり合います。

マーケティング室でも、とても好評でした!
(Kikuchiさん、ありがとうございました♪)

七夕らしいお菓子で、素敵な七夕をお過ごしください☆

Kageyama


Categories

  • お知らせ

    バウコミュニケーションズからのニュースやトピックスをお届けします。

  • 制作事例
    バウコミュニケーションズが手掛けた制作物やイベントなどを紹介します。
  • 日々のヒラメキ

    マーケティング室スタッフが日常の中に落ちているマーケティングのヒントをブログ形式で綴ります。

  • 食べるのもお仕事

    食べること大好きな女子社員がお届けする食のレポートです。

  • 生活者レポート

    旬な話題やトレンド商品など、暮らしにまつわるテーマを幅広く取り上げて生活者の思いを分析します。

  • バウレポート

    販促のポイントになる食のトピックを掘り下げ、主婦の”いま”のホンネを探る毎月発行の自社マガジンです。

  • 暮らしのデータ
    食品流通小売の販促計画立案に役立つ生活者の動向を月別にまとめたマスタープランです。
    当社専属生活者モニター組織「LiNS」による食生活や日々の暮らしに関するアンケート調査です。
week52MD 生活者視点のコミュニケーションストーリー
バウレポート1月号『おしゃべりんぐサミット』ダイジェストムービー
バウレポート5月号『おしゃべりんぐサミット』ダイジェストムービー

制作事例

株式会社バウコミュニケーションズ

Copyright (C) BAU COMMUNICATIONS Inc.