日々のヒラメキ

DSC_1102

ハロウィンに想う…

date  2014.10.21

近年、この季節に非常に盛り上がりを見せるのが、

「ハロウィン」。

 

ご存知のように本来はケルト人が起源と言われる収穫祭的な宗教行事なのですが、

日本ではそのイベント的(マーケティング的?)な部分だけが取り入れられて、

すっかり定番になった感があります。

特に10月31日近くの休日ともなると、街中に仮装した若者が溢れるようになり、

多くのお店でも関連グッズが販売されたりして、このビジネスチャンスを掴もう! と躍起です。

バレンタインデーやホワイトデーといった、ややこじつけ的なカタカナイベントから、

クリスマス、そしてハロウィンのように、一応裏付けのある欧米産イベントまで、

小売業ではさまざまな機会を創出して消費を喚起しようと試みるわけです。

その発生から3年半が経過する東日本大震災以降、

家族や仲間との時間を大切にする傾向が強まりました。

そして今年も、大雨による土砂災害や突然の火山噴火などなど、自然災害が多く発生し、

「絆」を大切にして維持して行こう!

そしてその輪の中に自らの居場所を求めようとする気持ちが強まり、結果として


「同じ気持ちを持つもの」同士が集まる機会(イベント)が
活況となるようにも思います。

外国からの観光客が1000万人を超え、

高級ブランド店や百貨店、家電量販店には外国人の買い物客が溢れていますし、

2020年を目指してその数を2倍・3倍に増やしていこう! という動きも活発です。

その一方で外国に留学する学生が減少を続け、若者の「内向き化」が懸念されます。

わざわざ遠いところに出かけなくても、

気心のしれた家族や仲間がいる「地元」で楽しく暮らそう! というところでしょうか。

その賛否は別として、遥かヨーロッパから渡ってきて

この国の八百屋さんの前にも出没するようになった「カボチャのお化け」のように、

インバウンドだけではなくて、

我々の文化やそれを支える人々のアウトバウンド強化は、

重要なマーケティング課題でもあるように思います。

DSC_0214

Nofuji


Categories

  • お知らせ

    バウコミュニケーションズからのニュースやトピックスをお届けします。

  • 制作事例
    バウコミュニケーションズが手掛けた制作物やイベントなどを紹介します。
  • 日々のヒラメキ

    マーケティング室スタッフが日常の中に落ちているマーケティングのヒントをブログ形式で綴ります。

  • 食べるのもお仕事

    食べること大好きな女子社員がお届けする食のレポートです。

  • 生活者レポート

    旬な話題やトレンド商品など、暮らしにまつわるテーマを幅広く取り上げて生活者の思いを分析します。

  • バウレポート

    販促のポイントになる食のトピックを掘り下げ、主婦の”いま”のホンネを探る毎月発行の自社マガジンです。

  • 暮らしのデータ
    食品流通小売の販促計画立案に役立つ生活者の動向を月別にまとめたマスタープランです。
    当社専属生活者モニター組織「LiNS」による食生活や日々の暮らしに関するアンケート調査です。
week52MD 生活者視点のコミュニケーションストーリー
バウレポート1月号『おしゃべりんぐサミット』ダイジェストムービー
バウレポート5月号『おしゃべりんぐサミット』ダイジェストムービー

制作事例

株式会社バウコミュニケーションズ

Copyright (C) BAU COMMUNICATIONS Inc.