日々のヒラメキ

IMG_6608

CITIZEN 『 “LIGHT is TIME” ― ミラノサローネ2014 凱旋展 ―』に見るグローバルブランディング

date  2014.12.02

東京・南青山のスパイラルガーデンで開催された
「CITIZEN  “LIGHT is TIME” ―ミラノサローネ2014 凱旋展―」に行ってきました。

IMG_6610

 

キラキラ。キラキラ。
これ、何だと思われますか?

IMG_6612

 

 

この金色のものは、
時計のすべての部品を支える基盤装置「地板」と言われるもの。
これを6万5千個を使った、光と時のインスタレーションは、
まるで宇宙にいるかのような雰囲気で、圧巻!
息をのむ美しさです(^^)

この凱旋展は、2014年春に、シティズンが

グローバルブランディングの一環として、

CITIZENブランドの魅力をより多くの人に伝えるために、
世界的デザインの祭典であるミラノサローネに初出展。

来場者数は約5万人を動員し、”Milano Design Award 2014”にて、
「ベストエンターテイニング賞」と「ベストサウンド賞」の2部門を受賞。
1作品が2部門を同時に受賞するのは、初めてということで大きな話題となりました。

今回は、日本の人にもみて欲しいとのことで、再編成され、開催されました。

Time is Light and Light is Time.
「時間は光であり、光は時間である」

IMG_6609

 

宇宙のはじまりビッグバンが起きたとき、光とともに時間は生まれ、
そして、ある時、人類は「時間」という概念を創出した・・・・

この展示には、

「BETTERS STARTS NOW」。

 ―どんな時であろうと、『今』をスタートだと考えて行動する限り、
   私たちは絶えずなにかをより良くしていけるのだ―

という企業精神のもと、
時計の未来を切り開いてきたCITIZENの魅力と可能性を見ることができます。

IMG_6613

 

 

街中がクリスマスのイルミネーションに包まれるこの時期。
12月までは展示されないので、非常に残念ですが、
ひときわ印象に残るものでした。
(好評で、会期は延長されていましたが・・・)

世界最大規模と言われるデザインの祭典「ミラノサローネ」。
なかなかミラノまで足を運ぶことはできませんが、
凱旋展という形で日本で開催されたことで、
改めて、日本企業の魅力を知ることができました!

 このような、

グローバルブランディングを高めることが、
しいては国内のブランディングをも高めることにつながり、
ブランドイメージを一新していくことができる

と痛感しました。

物を買うとき、商品を選ぶとき、生活者は、
デザイン性や精巧な技術などはもちろん必要ですが、
何か神秘的なもの=惹きつけられるストーリーも、
その商品を選ぶ基準になります。

それが、その製品の持つコンセプトや、企業精神であったりします。

このインスタレーションを通じて、
CITIZENという会社がとても魅力的だと、
改めて、印象づけることができたのではないでしょうか。

 

 

 

Kageyama

 

 


Categories

  • お知らせ

    バウコミュニケーションズからのニュースやトピックスをお届けします。

  • 制作事例
    バウコミュニケーションズが手掛けた制作物やイベントなどを紹介します。
  • 日々のヒラメキ

    マーケティング室スタッフが日常の中に落ちているマーケティングのヒントをブログ形式で綴ります。

  • 食べるのもお仕事

    食べること大好きな女子社員がお届けする食のレポートです。

  • 生活者レポート

    旬な話題やトレンド商品など、暮らしにまつわるテーマを幅広く取り上げて生活者の思いを分析します。

  • バウレポート

    販促のポイントになる食のトピックを掘り下げ、主婦の”いま”のホンネを探る毎月発行の自社マガジンです。

  • 暮らしのデータ
    食品流通小売の販促計画立案に役立つ生活者の動向を月別にまとめたマスタープランです。
    当社専属生活者モニター組織「LiNS」による食生活や日々の暮らしに関するアンケート調査です。
全国約6000万台のテレビが新たな販売チャネル!おうちでピッとお買い物 テレビスーパー
week52MD 生活者視点のコミュニケーションストーリー

制作事例

株式会社バウコミュニケーションズ

Copyright (C) BAU COMMUNICATIONS Inc.