日々のヒラメキ

country-train

最近の列車の話題に思うこと。

date  2015.02.18

寝台列車が消えていく。

2月12日に、「トワイライトエクスプレス」の最終日の切符が、
2月13日に「北斗星」の最終日の切符が、
そして、2月14日に「北陸新幹線」の初日の切符が売り出され、
全て、瞬時に売り切れました。
特に、「トワイライトエクスプレス」「北斗星」ともに、
人気列車という事もあり、いろいろな」メディアで取上げられました。
北海道への新幹線の延伸が、影響しているとはいえ、
時代の移り変わりを感じます。

untitled

旅行の仕方が、変わったのでしょうか?

このチケット争奪戦の話になると、
必ず、「旅行の仕方や、目的が変わってきた」という人が出てきます。
本当にそうでしょうか!?
2月に、「トワイライトエクスプレス」は、雪の影響で、
最大25時間遅れても、ほとんどのお客さんは、
満足していたという話でも、そのように言っていますが、
もう、乗ることができない状況で、
乗りたかった列車に、乗り続けることができるのですから、
喜んで、当たり前でしょう。
そして「ななつ星」のような、クルーズトレインと一緒にして
簡単に「旅行が・・・」と決めつけていますが、
「トワイライトエクスプレス」や「北斗星」と、
「ななつ星」を、一緒にしてはいけないでしょう。

やはり、列車は移動手段です。

寝台列車を利用する人。
新幹線を利用する人。
人それぞれに、旅の楽しみ方があります。
シニア世代の最近の動向からみれば、
時間があり、金銭的に少し余裕が出てくれば、
学生時代に、夜行列車で旅行した人たちが、
このような寝台列車に、乗りたいと思うのは当たり前です。
豪華さとは反対に、ローカル列車が注目されているのも同じで、
列車に乗る目的は移動で、その移動をどのように過ごすかが、
人によって変化が出てきているだけです。

「ななつ星」は、船旅と同じです。
「ななつ星」は、はっきり言って列車に乗ることが目的です。
停車駅で、観光しながら九州を巡っていきます。
これは、海外によくある“船旅”です。
だから、贅をつくした車内と、おもてなしが必須になります。
今後、JR西日本も企画しているようですが、
これは、シニア世代の懐を狙った戦略以外、何物でもありません。
何しろ、定年退職してすることの第一位が、“旅行”ですから。

「青春18きっぷ」は、60歳以上の青春にも。

高齢化社会を前提とした“旅”を、どのようにとらえるか。
その方向性についても、意見は分かれるでしょうが、
選択肢が広がることが大切でしょう。
(その意味で、今回の二つの列車の引退は寂しい)
“ゆっくり”と“速く”
“安く”と“贅沢に”
若い頃に、夜行列車で旅をし、高速バスで移動する。
ヒッチハイクが流行った頃もありました。
そんな時を過ごしてきた“団塊の世代”が、旅の主役です。
経験豊富で、情報をたっぷり持った人たちが、
自分の価値観で、時間とお金の使い方を考える。
そこに、新たな需要が生まれています。

 

朝の散歩が魅力の旅館があります。

一般的に見て、何もないところにある旅館が、
リピーターに支えられ、人気になっています。
何故か。
答えは、その旅館がお客さんを対象に行っている“朝の散歩”です。
自然の中を、一緒に歩き、
何気なく出会う村の人たちが、お茶のおもてなしをしてくれる。
そんな自然なふれあいが、お客さんの心をとらえ、
多くの人が、次回訪れる日を予約して帰るそうです。
大声で、地域活性化と叫ばなくても、
地域に根差した村おこしはできるのです。

 

“旅”は、日常との違いに触れること。

よく言われますが、
“時間・空間・人間”の三つの要素がかみ合ったとき、
人は、そこに魅力を感じるのです。
今、人気のスポットには、この要素がしっかり含まれています。
だからといって、非日常を創出する必要があるとは限りません。
普段の生活の中にも、いつもと違う日常に触れることを、
人々は、いつも待っています。

 

 

Yamauchi

 


Categories

  • お知らせ

    バウコミュニケーションズからのニュースやトピックスをお届けします。

  • 制作事例
    バウコミュニケーションズが手掛けた制作物やイベントなどを紹介します。
  • 日々のヒラメキ

    マーケティング室スタッフが日常の中に落ちているマーケティングのヒントをブログ形式で綴ります。

  • 食べるのもお仕事

    食べること大好きな女子社員がお届けする食のレポートです。

  • 生活者レポート

    旬な話題やトレンド商品など、暮らしにまつわるテーマを幅広く取り上げて生活者の思いを分析します。

  • バウレポート

    販促のポイントになる食のトピックを掘り下げ、主婦の”いま”のホンネを探る毎月発行の自社マガジンです。

  • 暮らしのデータ
    食品流通小売の販促計画立案に役立つ生活者の動向を月別にまとめたマスタープランです。
    当社専属生活者モニター組織「LiNS」による食生活や日々の暮らしに関するアンケート調査です。
week52MD 生活者視点のコミュニケーションストーリー
バウレポート1月号『おしゃべりんぐサミット』ダイジェストムービー
バウレポート5月号『おしゃべりんぐサミット』ダイジェストムービー

制作事例

株式会社バウコミュニケーションズ

Copyright (C) BAU COMMUNICATIONS Inc.