日々のヒラメキ

49ef72b19c9b2addea8db508ca9b00b7-e1427454895881

自己肯定感が育つ、子どものための料理教室!キッズキッチン協会

date  2015.02.23

2月10日(火)に開催された、
「第49回スーパーマーケット・トレードショー2015」に行ってきました。

スーパーマーケットにまつわるあらゆるものの展示がなされ、
(今年は、1,580社2,881小間の出展者)
とってもたくさんの人で賑わっていました。

 

そんな中で、気になったブースがありましたので、ご紹介します。

 

三井食品さんの

「Kids Kitchen(キッズキッチン)」。

 

 IMG_7328

キッズキッチンとは、料理という五感での体験を通して、
子どもの「たくましく生きる力」を育てる体験型教育プログラムのこと。

この協会(キッズキッチン協会)は、2005年に設立され、
幼児のころから「料理」という体感型食育によって得られる計り知れない可能性や将来性に着目し、日本の豊かな未来のために、活動していくことを目標にされています。

IMG_7327

スーパーマーケット内に、レシピ紹介や試食ができる
キッチンサポート(キッチンステージ)といった名称のコーナーを設けているところがありますが、
それくらいの小さなスペースで、子どもに料理を体験してもらったり、
きちんとした料理教室で、一汁二菜を子どもたちだけで作るレッスンをされているんだとか。

「子どもは、どんなに嫌いな食べ物でも、
自分でそれを調理すれば、
食べれるようになります」
 

そう話すのは、キッズキッチン協会 会長の坂本廣子さん。

ニンジンや、ピーマンなど、くせのある匂いや味のする野菜などは、
苦手なお子さんも多く、子どもに食べさせるのに苦労するという話をよく聞きます。

嫌いな野菜は、細かく切ったり、パン生地に入れたり、
そまざまな工夫を主婦の方はされていますが、
そんなときは、子どもと一緒にクッキングをしてみるといいんですね!

このキッズキッチンのお教室は、
いろんなスーパーで採用されており、
中には、20人の定員のところに400人の応募があり、非常に人気なようです。

小さな子どものうちから、子どもだけで料理を作り上げることで、
苦手な食べ物の克服以外にも、


「自分は素晴らしいものだと思える自己肯定感」が
育つとのこと。」

 

昨今は、子どもによる痛ましい事件や、
自分で命を絶ってしまったり、精神的に病んでいる子どもも多いですよね。
だからこそ、この自己肯定感が育つとは、現在の世では、とても大切なことです。

大人の手をかりずに料理をすることで、
達成感や自信を得る体験を積み重ねることができ、
自己肯定感が育つ。

料理をすることには、そんな深い意味もあるんだと、改めて驚きました!

その他にも、興味深いのが、

スーパーマーケットでの防災プログラム!

 

キッズキッチン協会では、
日常生活に一番近いスーパーマーケットから、「備え」について提案し、
台所からの頑張らない防災を、
イザという時に対応できるようにするプログラムも、
スーパーマーケットを通じて地域で開催されています。

IMG_7391

 
 ↑食器を洗わなくてすむように、食器を汚さないために、
 ビニール袋をかぶせています。

 

東日本大震災や、阪神・淡路大震災を経験して、
いかに日常の中で、そのような事態に備えて一人ひとりが、
このような知恵をつけたり、用意しておくかが大事ですよね。

そのような知識や準備は、皆さん、知りたいとは思っていても、
なかなか身に付けることができないものではないでしょうか。

だからこそ、身近な地域に根ざしたスーパーマーケットで、
そのような取り組みをしてくれるのであれば、いろんな人が参加しやすいですし、
また身近にそのようなことに取り組んでくれるお店があることで、
とても心強く感じますね。

このような、社会貢献の一つともいえる、
スーパーマーケットでの取り組み、導入されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

Kageyama

 

 


Categories

  • お知らせ

    バウコミュニケーションズからのニュースやトピックスをお届けします。

  • 制作事例
    バウコミュニケーションズが手掛けた制作物やイベントなどを紹介します。
  • 日々のヒラメキ

    マーケティング室スタッフが日常の中に落ちているマーケティングのヒントをブログ形式で綴ります。

  • 食べるのもお仕事

    食べること大好きな女子社員がお届けする食のレポートです。

  • 生活者レポート

    旬な話題やトレンド商品など、暮らしにまつわるテーマを幅広く取り上げて生活者の思いを分析します。

  • バウレポート

    販促のポイントになる食のトピックを掘り下げ、主婦の”いま”のホンネを探る毎月発行の自社マガジンです。

  • 暮らしのデータ
    食品流通小売の販促計画立案に役立つ生活者の動向を月別にまとめたマスタープランです。
    当社専属生活者モニター組織「LiNS」による食生活や日々の暮らしに関するアンケート調査です。
全国約6000万台のテレビが新たな販売チャネル!おうちでピッとお買い物 テレビスーパー
week52MD 生活者視点のコミュニケーションストーリー

制作事例

株式会社バウコミュニケーションズ

Copyright (C) BAU COMMUNICATIONS Inc.