ページ内を移動するためのリンクです。

主婦のコンビニ利用実態調査③ 主婦はどう思う!?コンビニのスーパー化について

図1

  No.7   主婦はどう思う!?コンビニのスーパー化について

図1

 

前回に引き続き、 主婦のコンビニ利用についてお伝えします。

 

<アンケート概要>

■テーマ:主婦のコンビニ利用について
■サンプル数:108
■アンケート期間:2014年7月10日(木)~17日(木)
■主婦年代:30代~60代

 

生鮮食品を扱うコンビニが増えてきましたが、
実際利用している人はどれぐらいいるのでしょうか。

21d173d837e55eed0ad22fdf0a807497

 

利用している人は14%、

とまだ多くはありません。

 

今後、コンビニで生鮮食品が買えるようになれば、利用したいですか。

b246c8a94eb08caaa43bf27957b808aa

4割台半ばの人が利用したい

という結果でした。

 

顕在ニーズが、既にこれだけあるということなので、
潜在的なニーズも含めると、
コンビニでの生鮮ものの販売は、
好意的にうけとめられるといえるのではないでしょうか。

 

第2回目でお伝えしたように、
98%もの主婦が、何らかの目的で、
既にコンビニを平均週1回は利用しているのですから、
生鮮ものが充実してくれば、
コンビニを利用する頻度や目的も変化していくでしょうね。
普段の買物をコンビニですます主婦はほとんどいないわけですから、
取り込んでいく余地は大いにあるといえます。

 

最近では、コンビニの利便性とスーパーの品揃えが一体化した
新業態店舗なども生まれています。

 

実際、店舗に足を運んでみると、
品揃えは、スーパーマーケットには劣るものの、お店が小さいため、
シニア層や働いていて忙しい主婦からすれば、
効率的で、スピーディに買い物ができるので、喜ばれるだろうなと感じます~

 

大型のスーパーでしたら、駐車場から店舗、あるいは、
売場からレジまで移動するだけでも時間がかかりますし、
疲れてしまうこともあります。

 

買い忘れた商品でも、スーパーに行くのは面倒だけど、
コンビニだとすぐだから、買いに行ってこよう~となるかもしれませんね。

 

 

今後、主婦が望むコンビニにおいて欲しい商品について

 

 1位 野菜・果物  30%(33人) 

tomato

kyuuri_cucumber    

 

  少量のものを買いやすいので、その日に食べるサラダ用の生野菜などが並ぶと
  もっと利用すると思う。
  (関西 40代 パート)

 

  サラダやカット野菜だけでなく、ほうれん草や白菜など、
  ちょっと料理に使用できるものがあると便利。
  緊急な時にうれしい。
  (関西 40代 パート)

 

  野菜や果物があれば、買い忘れの時に助かる。
  (関西 30代 パート)

 

 2位 肉  10%(11人)

niku_gyu

niku_tori1

 

  カット野菜は、既に利用しているが、肉類があると便利。
  (関西 40代 パート)

 

  小サイズのお肉があると、おかずを作る時に便利。
  (関東 50代 主婦)

 

 3位 魚  4%(5人)

 

fish_sanma

fish_ayu

 

  下処理済みの新鮮な魚。
  (関西 60代 主婦)

 

  新鮮な魚。
  (関西 40代 主婦)

 

 

圧倒的に多かった回答は、野菜・果物でした!

 

できるだけスーパーのように安く、
新鮮なもの ― 地元さんの野菜・果物など ― を望む声が多かったです。

 

また、量としては、野菜・肉・魚など

 

少量のものがほしい

 

という意見も多くありました。

 

スーパーで買い忘れた商品や、
ちょっと一品加えるときに利用したい人、
そして、シニア層には少量のものが、うれしいようです。 

 

今後、コンビニがスーパー化していくことで
安さや量、品揃えを求めるニーズだけではなく、
時間や利便性を大事にしたい人たちの新たなニーズも拾えるでしょう。

 

主婦にとっても、買物のお店の選択肢が広がるだけでなく、
好都合で、便利な存在になっていくことは間違いないのではないでしょうか。

 

 

Kageyama